2004年09月03日

食前ワインでホッ

l040903b評価:★★☆

まだ昨日の和食がガツンと腹にこたえてる。今日は洋風でいこうぜ、ということで、あゆ姫お気に入りのイタリアンへ。

店名 >>> CAFF Tryst(トリスト)関内店
住所 >>> 横浜市中区住吉町1-1 柳下ビルディング2F
電話 >>> 045-664-0488
備考 >>> ランチ11:30〜15:00、夜は23:30まで

l040903ランチメニュー
○長ねぎと蒸し鶏のスパゲティー(750円)
○アマトリッチアーナ(800円)
○ペペロンチーニ(600円)
○サーモンクリーム(950円)
○フェットチーネ ジェノバ風(950円)
○明太子あえ(600円)
カルボナーラ(750円)
○トマトとベーコンのリゾット(700円)
Aセット(サラダ、スープ、ガーリックトースト、ワイン、コーヒー=300円)
*Bセット(サラダ、ワイン、コーヒー=200円)

たまには変わった味を試してみようと思うものの、好物カルボナーラの誘惑に勝てず、結局注文。ダイエット中だと頭では分かっているのだが…すかさずAセットを注文。今日もまた限界への挑戦だ。

カルボナーラは、くどすぎず美味。サラダはポテトサラダとグリーンサラダをミックスでまーまー。スープはアサリや野菜が沢山入ったコンソメベース。これは可もなく不可もなくって感じ。ガーリックトーストは腹がいっぱいで一かじりだけ。

この店でとりわけナイスなのは、食前のワイン。おちょこのような小さいグラスに、赤ワインが入って出てくる。どうやらフルーツのリキュールをブレンドしているようで、ジュースのようにおいしい。これをクッを飲み干すだけで、午前中でたまった疲れが吹き飛ぶ。昼間の酒はどうしてこんなにもうまいのだろう。

私の場合、これが飲みたくて、この店へ行く。料理のうまさは、恐らく「中の中の上」くらいかな。フツーだしょう。

★お食事メンバー★
・あゆ姫さん(サーモンクリーム+B)
・handshakeさん(アマトリッチアーナ+A)
・キャリアさん(カルボナーラ大盛+A)
posted by おたまじゃくし at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

挑戦状のような定食屋

評価:★★★

l040902今日も忙すぃ〜。時間がなく遠出できないため、近場で店探し。そういや、会社のオジサマたちに支持されている店があるから、そこへ行ってみようということに。しかし、出張パックさんが、その店の名を聞いただけで、「えっ!…あそこ…」と絶句。その意味を後で知ることになるのだが、空腹だった私たちは構わず突進、入店。

店名 >>> 五味自在 千明
住所 >>> 横浜市中区相生町1-11
電話 >>> 045-662-6565

店構えからしてスゴイ。はじめは裏口かと思ったほど雑然としている。魚が置かれていたり、桶が転がっていたり。しかし、店内に入るやいなや元気なオバちゃんの掛け声に圧倒される。1階はカウンター席があるにはあるが、メーンディッシュがのっていないお盆がいくつも並べられており、おそらく客席としての機能は話していない。「2階へど〜ぞ〜」と言われ、急な階段を昇ろうとしたら、「あ、先に注文してね〜」と止められる。メニューは調理場の中央にあったが、小さめのホワイトボードに殴り書きされているので、よく見えない(笑)。優柔不断の私は、この状況で焦らされ、なかなか注文が決まらない…うー。とりあえず、最初に目についた「海老フライ、ホタテフライ」をチョイスした。

ランチメニュー
海老フライ、ホタテフライ(930円)
○イカフライ(?)
○海老てんぷら、刺し身付き(1100円)
○穴子てんぷら(?)
○さんまの塩焼き(?)
○牛肉の煮込み(?)

2階は畳敷きの部屋が2つ。客席は3つ。どれも6人は余裕で座れる。「夏休み、田舎に帰ってきました〜」みたいな脱力系のムード。全体的に古くさい家なのに、襖がド派手な銀色だったりする。このアンバランスさがたまらない。

水が運ばれてこないので聞いてみたら、コップがあるから、水道の水を勝手に入れて飲んでくれとのこと。す、すごいワイルド!今どきこんなサービスの店があるとは…(゜〇゜;)
よく見れば、熱い茶と氷がある。こいつを組み合わせて冷たい茶を作っていただく。

料理が運ばれてくるのを待っていると、階下から「牛煮込みの方〜」と呼びかける声が。よく見れば、他の客も呼ばれる度に1階へ降りていっている。なんと!この店は客に料理を運ばせる。それも狭くて急な階段を昇らせるのだからスゴイ(笑)。

だが、本当にすごいのはこれからだ。先発隊の出張パックさんが運んできた牛煮込み定食の量が半端じゃないのだ(@▽@;;;

ぬぁんだ…このボリュームはっ!

次に呼ばれたhandshakeの天ぷら定食など、さらにスゴイことになっている。天ぷら定食なのか刺し身定食なのか…分からない。

ついに自分が呼ばれ階下に降りていくと…うわーっ!有頭海老が3尾!さらにホタテフライがゴロゴロ!さらに、マグロの刺し身(ブツ)&納豆、マカロニサラダ、ドデカイ味噌汁、山盛りの飯、漬物、マグロの佃煮が、これでもかっ!つーくらいに、大きな盆にのっている。まるで挑戦状を叩き付けられた気分だ。

しかし、見た目の雑ぱくさに反して、マグロのブツはうまいし、味噌汁にもちゃんと貝が入っていて出汁もしっかりしているし、佃煮も甘辛いツナで非常に美味。私なら、サイドメニュー一品だけで充分おかずになる。

そして何より、海老フライがめちゃくちゃにウマ〜〜イ!衣がこれ以上はないくらいサクサクのカリカリ。尻尾まで海老せんのようにおいしくいただけた。おまけにフライはマヨネーズでいただく私のわがままを気持ちよく聞いてくれたオバチャンが「たっぷり使いなさい」と言って、業務用のマヨネーズをわざわざ持ってきてくれた(感涙)。

さすがに完食は無理であったが、大満足の定食であった。「食えるもんなら食ってみぃ!」という太っ腹ランチ。このボリュームに対抗できる店はそうないだろう。なんでも、新鮮な魚を安価でたっぷり食べてもらいたいという店主の計らいなんだとか。洒落た店から、こうした気取らない店まである関内はなんてランチ天国なのだろう。嬉しい限りだ。

次回入店する際には、「ごはんは半分で」と必ず言うようにしなければ。

★お食事メンバー★
・出張パックさん(牛肉煮込み)
・handshakeさん(海老天ぷら定食)
・キャリアさん(穴子天ぷら定食)
・不良母さん(焼さんま定食:さんま2本!?
posted by おたまじゃくし at 23:59| ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

念願叶ったベルギーチョコ

評価:★★★★

l040901bミニストップの季節限定ソフトクリーム「ベルギーチョコ」味(189円)が、いよいよ今年も販売された。3年前から食べたい食べたいと思いつつ、なかなか食せずにいた。ついに念願叶って注文。社に持ち帰り、ありがたくいただく。

濃厚なチョコ甘さと苦味が口に広がるがクドクない。コーンはサクッサクッで、最後の最後までおいしくいただけた。季節限定…出来るだけ食べ続けよう。

一緒に購入した、新発売の伊藤園「さらさらそば茶」(147円)。韃靼そばを使用しているらしい。香ばしい味がなんとも言えずうまい。しばらくハマりそう。
posted by おたまじゃくし at 21:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまひとつレタスチャーハン

評価:★★

l040901忙しい。またまた近場で済ますとしよう。腹がモーレツに減っているので中華だ、中華。

店名 >>> 曲暁明の店 中国食堂
住所 >>> 横浜市中区南中通り2-24-1
電話 >>> 045-663-6405
備考 >>> ランチ11:00〜14:30、日祝日休み

雑然とした中国の路地裏の店のような店。中国人スタッフの活気がみなぎっている。店内は赤。丸テーブルが数個。カウンター席もある。

ランチメニューは次の通り。
○日替わり(もやしとニラ豚レバ、650円)
○レタスチャーハン(630円)
○ラーメン(630円)
○中華風カツ丼(650円)など

レタスチャーハンをチョイス。スープと漬物がついてきた。チャーハンはまずくはないが、塩分がちょっと足りない。テーブルにあった「醤油」をぶっかけていただく。どうやら、この店は野菜炒め系の方がうまいようだ。

★お食事メンバー★
・不良母さん(春雨と野菜の炒め物)
・handshakeさん(レタスチャーハン)
・キャリアさん(日替わり)

posted by おたまじゃくし at 21:23| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。