2004年10月29日

期間限定「揚げ餅そば」

評価:★★★★

揚げ餅そば昨夜飲み過ぎて、帰りの電車内で死にそうになる。異様な冷や汗がしたたり落ち、頭がくらくらして、悪寒が走った。気が遠くなりそうになりかけ、日本酒は二度と飲むまいと心に誓う。

明けて今日は何故かスコブル元気だが、まだ胃が痛む。そばが食いたいと思い、そば処「藪真」へ出掛ける。同僚たびねこさんが以前食していた「玉子とじそば」が旨そうで、かなり長い間、私の中で特別な存在として君臨していた。その「玉子とじそば」を食うぞ、とかなり強い決意で臨んだのだが、期間限定メニューを発見し、あっけなく浮気した。ま、こんなもんです、ハイ。

期間限定の「揚げ餅」は、てんぷらにした餅が入っている。温かいそばか、温かいうどんを選べる。私はそばをセレクト。

まもなく運ばれてきた「揚げ餅そば」は、よく「サトウの切り餅」とかで見かけるようなサイズの切り餅がてんぷらになったものが一つと、大根おろし、のりが乗って登場してきた。刻みネギは、好みで乗せればいいよう、小皿に分けて出してくれる。ネギ好きの私は当然全部投入。

揚げ餅てんぷらの衣がサクサクで、米の甘さが口に広がり、なんとも美味。大根おろしが、さっぱり感を演出してくれ、非常にバランスよし。これまた美味、美味、美味。上品な店内の雰囲気にマッチした、上品なお味であった。

【お店情報】
お店:藪真(ヤブシン)
住所:横浜市中区北仲通2-30
電話:不明
注文:揚げ餅(730円)
posted by おたまじゃくし at 19:51| ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

季節限定カキソバ

評価:★★★★★

カキソバいろんな事情により、ブログを止めようと思っていたのだが…、あまりにウマイめしに出会ってしまったので、更新を再開することにする。

今日は、季節限定の「カキソバ」を食いに、中華料理店の「大雅飯店」へ出掛けた。今年一番の冷え込みになると前夜の天気予報で騒いでいたが、昼間の陽気は、なかなか爽やかで気持ちよし。散歩がてら店を訪れると、すっかり年末の忘年会モードになっていた(看板がいっぱい出ていたということ)。

秋から冬限定の「カキソバ」は、同僚の不良母さんオススメの品。春から聞かされていて、恋焦がれていたメニューだけに感慨もひとしお。さっぱりした醤油ベースのスープに、中細の麺、その上に、中華味噌で炒めたというカキがのっている。カキはきちんと片栗粉がまぶされ、旨みが外に逃げないようになっており、こいつとピーマン、たけのこ、ねぎが中華味噌とタカノツメで炒められておった。このため、スープはピリ辛。一杯を食い終わる頃には、程よく身体が芯から温まってくれる。冬にはもってこいのメニューである。美味、美味、美味。ぜひとも、もう一度いただきたい。

【お店情報】
お店:大雅飯店(タイガハンテン)
住所:横浜市中区常磐町3-24
電話:045-641-2234
注文:カキソバ(950円)
posted by おたまじゃくし at 14:27| ☔| Comment(6) | TrackBack(2) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

絶品の杏仁豆腐

評価:★★★★

台風18号の猛威の片鱗が、関内の街にもやって来たようだ。青空がところどころ見えるものの、厚い雲が多く、天気は不安定。遠出は出来そうもない。ダモアへ行って、うまいと評判の杏仁豆腐でも食すこととする。

○店名 >>> KOREAN DINING YOKOHAMA ダモア
○住所 >>> 横浜市中区弁天通3-48
○電話 >>> 045-228-1642
○FAX >>> 045-228-1643
○備考 >>> ランチタイム11:30〜15:00

l040907ランチメニューの「a:石焼ビビンパン ワカメスープ(750円)」=すでに登場済み=と「杏仁豆腐」(300円)を注文。

杏仁豆腐は竹の入れ物に入って登場する。豆腐とフルーツが角切りになって混ざっている、あのフツーの杏仁を想像していたら、竹筒に入った手作り豆腐のような風情で現れた。上には、サーモンピンク色が美しいソースと松の実らしきものがのっている。黒い粒々は、おそらくサーモンピンク色のソースの素になっているフルーツの種だろう。一体、なんの果実なのだろう??

甘酸っぱいソースと、濃ゆいアーモンド味の杏仁豆腐のハーモニーがすばらしい!こんなにうまい杏仁豆腐がこの世にあったのかと思うほど感動した(←大袈裟かも♪)。
これで300円。「デパ地下とかで売ればいいのにねー」「絶対売れるよねー」というのがメンバーの一致した意見である。私なら500円でも購入する。

あー、あと5個くらい食したい。うまかった。

★お食事メンバー★
・不良母さん(aセット+杏仁豆腐)
・あゆ姫さん(同上)
・出張パックさん(同上)

----------------------------
【おとこわり】
今日夜から海外逃亡。更新はしばらくお休みします。
無事帰国したら、パラオのグルメ情報をお届けします。
posted by おたまじゃくし at 13:30| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

激安!丼テイクアウト

評価:★★

l040906a時間に追われて時間なし。今日も遠出できず、以前から気になっていた、オヤジ臭のする近場の店へ足を運ぶ。

店名 >>> 鬼太鼓(おんでこ)
住所 >>> 横浜市中区太田町1-7?(関内仲通り)
電話 >>> 不明
備考 >>> 持ち帰り可

毛筆の豪快な「鬼太鼓」の看板が印象的。店頭には木札に書かれたメニューがずらりと並ぶ。12時すぎに訪れたら、狭い店内はすでに満席。座れなかったため、テイクアウトとする。

改めてメニューを見て、その激安ぶりに驚く。どう見ても店構えはガッツリ、オヤジ臭がするというのに、並んでいるのは、制服が目にまぶしい近隣のOLさんたち。やはりこの値段が魅力なのだろう。しっかり者!

l040906b○うな玉丼(750円)
○天丼(650円)
○天とじ丼(750円)
かつ丼(650円)
○豚キムチ丼(650円)
○玉子丼(450円)
○スタミナ丼(700円)
○三色丼(550円)
○かつカレー丼(650円)
○カレー丼(500円)
○天ぷらそば・うどん(500円)
○天ぷら定食(750円)
○まぐろぶつ定食(700円)

スタミナをつけようと、フェイントで「かつ丼」をチョイス。テイクアウトすると、プラスチックの器に入れてくれ、漬物と即席味噌汁がついてくる。あつあつで美味。肉もそこそこ、たれはくどくなくちょうどよい。べらぼーにうまい!というわけじゃないが、この値段なら納得という味。急ぎの時など利用したい。

ちなみに、味噌汁は別に買い足した。ねぎ味噌汁なり。このドライねぎがお気に入り。新発売の「コアップ・ガラナ」を購入。ドクターペッパーのようで、私は好き♪幼い時に病院でもらった液体の飲み薬のよう。ミニストップの「たこまる」を再び購入したが、かつ丼で満腹…ほとんど食えず(=;ェ;=)

★お食事メンバー★
・不良母さん(スタミナ丼)
・キャリアさん(かつ丼大盛り)
posted by おたまじゃくし at 18:03| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

持ち帰り、静かな昼めし

評価:★★☆

l040904今日は土曜日。会社も街も静か。やってる店はなくもないが、今日はテイクアウトしてきて、静かにオフィスで昼めしとする。

店名 >>> CAFE de CRIE 関内桜通り店
住所 >>> 横浜市中区太田町2-32横浜エクセレントV1 1F
電話 >>> 045-212-0038
備考 >>> 平日7:30-22:00、土日祝9:00-20:00

テイクアウト
○黒胡麻パンのベーコン・クリームチーズ
○アイスカフェ
以上2つ、セットで590円

これだけじゃちと寂しいので、隣のセブンイレブンで、サイドメニューを購入。
○ポッカ贅沢クラムチャウダーカップスープ(189円)
○細切りポテトうす塩(95円)

パンは黒ゴマの風味がなんとも美味。クリームチーズがほんのり濃厚で、なかなかなもんです。ただ、ベーコンに塩気がなかったなー。マヨネーズが少し入っていると、なおおいしかったのではないだろうか。

スープは当たり。チーズ味が濃ゆい。うまい。細切りポテトは懐かしい味。基本の味。安いわりに量があった。満足。(⌒¬⌒)
posted by おたまじゃくし at 15:18| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

食前ワインでホッ

l040903b評価:★★☆

まだ昨日の和食がガツンと腹にこたえてる。今日は洋風でいこうぜ、ということで、あゆ姫お気に入りのイタリアンへ。

店名 >>> CAFF Tryst(トリスト)関内店
住所 >>> 横浜市中区住吉町1-1 柳下ビルディング2F
電話 >>> 045-664-0488
備考 >>> ランチ11:30〜15:00、夜は23:30まで

l040903ランチメニュー
○長ねぎと蒸し鶏のスパゲティー(750円)
○アマトリッチアーナ(800円)
○ペペロンチーニ(600円)
○サーモンクリーム(950円)
○フェットチーネ ジェノバ風(950円)
○明太子あえ(600円)
カルボナーラ(750円)
○トマトとベーコンのリゾット(700円)
Aセット(サラダ、スープ、ガーリックトースト、ワイン、コーヒー=300円)
*Bセット(サラダ、ワイン、コーヒー=200円)

たまには変わった味を試してみようと思うものの、好物カルボナーラの誘惑に勝てず、結局注文。ダイエット中だと頭では分かっているのだが…すかさずAセットを注文。今日もまた限界への挑戦だ。

カルボナーラは、くどすぎず美味。サラダはポテトサラダとグリーンサラダをミックスでまーまー。スープはアサリや野菜が沢山入ったコンソメベース。これは可もなく不可もなくって感じ。ガーリックトーストは腹がいっぱいで一かじりだけ。

この店でとりわけナイスなのは、食前のワイン。おちょこのような小さいグラスに、赤ワインが入って出てくる。どうやらフルーツのリキュールをブレンドしているようで、ジュースのようにおいしい。これをクッを飲み干すだけで、午前中でたまった疲れが吹き飛ぶ。昼間の酒はどうしてこんなにもうまいのだろう。

私の場合、これが飲みたくて、この店へ行く。料理のうまさは、恐らく「中の中の上」くらいかな。フツーだしょう。

★お食事メンバー★
・あゆ姫さん(サーモンクリーム+B)
・handshakeさん(アマトリッチアーナ+A)
・キャリアさん(カルボナーラ大盛+A)
posted by おたまじゃくし at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

挑戦状のような定食屋

評価:★★★

l040902今日も忙すぃ〜。時間がなく遠出できないため、近場で店探し。そういや、会社のオジサマたちに支持されている店があるから、そこへ行ってみようということに。しかし、出張パックさんが、その店の名を聞いただけで、「えっ!…あそこ…」と絶句。その意味を後で知ることになるのだが、空腹だった私たちは構わず突進、入店。

店名 >>> 五味自在 千明
住所 >>> 横浜市中区相生町1-11
電話 >>> 045-662-6565

店構えからしてスゴイ。はじめは裏口かと思ったほど雑然としている。魚が置かれていたり、桶が転がっていたり。しかし、店内に入るやいなや元気なオバちゃんの掛け声に圧倒される。1階はカウンター席があるにはあるが、メーンディッシュがのっていないお盆がいくつも並べられており、おそらく客席としての機能は話していない。「2階へど〜ぞ〜」と言われ、急な階段を昇ろうとしたら、「あ、先に注文してね〜」と止められる。メニューは調理場の中央にあったが、小さめのホワイトボードに殴り書きされているので、よく見えない(笑)。優柔不断の私は、この状況で焦らされ、なかなか注文が決まらない…うー。とりあえず、最初に目についた「海老フライ、ホタテフライ」をチョイスした。

ランチメニュー
海老フライ、ホタテフライ(930円)
○イカフライ(?)
○海老てんぷら、刺し身付き(1100円)
○穴子てんぷら(?)
○さんまの塩焼き(?)
○牛肉の煮込み(?)

2階は畳敷きの部屋が2つ。客席は3つ。どれも6人は余裕で座れる。「夏休み、田舎に帰ってきました〜」みたいな脱力系のムード。全体的に古くさい家なのに、襖がド派手な銀色だったりする。このアンバランスさがたまらない。

水が運ばれてこないので聞いてみたら、コップがあるから、水道の水を勝手に入れて飲んでくれとのこと。す、すごいワイルド!今どきこんなサービスの店があるとは…(゜〇゜;)
よく見れば、熱い茶と氷がある。こいつを組み合わせて冷たい茶を作っていただく。

料理が運ばれてくるのを待っていると、階下から「牛煮込みの方〜」と呼びかける声が。よく見れば、他の客も呼ばれる度に1階へ降りていっている。なんと!この店は客に料理を運ばせる。それも狭くて急な階段を昇らせるのだからスゴイ(笑)。

だが、本当にすごいのはこれからだ。先発隊の出張パックさんが運んできた牛煮込み定食の量が半端じゃないのだ(@▽@;;;

ぬぁんだ…このボリュームはっ!

次に呼ばれたhandshakeの天ぷら定食など、さらにスゴイことになっている。天ぷら定食なのか刺し身定食なのか…分からない。

ついに自分が呼ばれ階下に降りていくと…うわーっ!有頭海老が3尾!さらにホタテフライがゴロゴロ!さらに、マグロの刺し身(ブツ)&納豆、マカロニサラダ、ドデカイ味噌汁、山盛りの飯、漬物、マグロの佃煮が、これでもかっ!つーくらいに、大きな盆にのっている。まるで挑戦状を叩き付けられた気分だ。

しかし、見た目の雑ぱくさに反して、マグロのブツはうまいし、味噌汁にもちゃんと貝が入っていて出汁もしっかりしているし、佃煮も甘辛いツナで非常に美味。私なら、サイドメニュー一品だけで充分おかずになる。

そして何より、海老フライがめちゃくちゃにウマ〜〜イ!衣がこれ以上はないくらいサクサクのカリカリ。尻尾まで海老せんのようにおいしくいただけた。おまけにフライはマヨネーズでいただく私のわがままを気持ちよく聞いてくれたオバチャンが「たっぷり使いなさい」と言って、業務用のマヨネーズをわざわざ持ってきてくれた(感涙)。

さすがに完食は無理であったが、大満足の定食であった。「食えるもんなら食ってみぃ!」という太っ腹ランチ。このボリュームに対抗できる店はそうないだろう。なんでも、新鮮な魚を安価でたっぷり食べてもらいたいという店主の計らいなんだとか。洒落た店から、こうした気取らない店まである関内はなんてランチ天国なのだろう。嬉しい限りだ。

次回入店する際には、「ごはんは半分で」と必ず言うようにしなければ。

★お食事メンバー★
・出張パックさん(牛肉煮込み)
・handshakeさん(海老天ぷら定食)
・キャリアさん(穴子天ぷら定食)
・不良母さん(焼さんま定食:さんま2本!?
posted by おたまじゃくし at 23:59| ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

念願叶ったベルギーチョコ

評価:★★★★

l040901bミニストップの季節限定ソフトクリーム「ベルギーチョコ」味(189円)が、いよいよ今年も販売された。3年前から食べたい食べたいと思いつつ、なかなか食せずにいた。ついに念願叶って注文。社に持ち帰り、ありがたくいただく。

濃厚なチョコ甘さと苦味が口に広がるがクドクない。コーンはサクッサクッで、最後の最後までおいしくいただけた。季節限定…出来るだけ食べ続けよう。

一緒に購入した、新発売の伊藤園「さらさらそば茶」(147円)。韃靼そばを使用しているらしい。香ばしい味がなんとも言えずうまい。しばらくハマりそう。
posted by おたまじゃくし at 21:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまひとつレタスチャーハン

評価:★★

l040901忙しい。またまた近場で済ますとしよう。腹がモーレツに減っているので中華だ、中華。

店名 >>> 曲暁明の店 中国食堂
住所 >>> 横浜市中区南中通り2-24-1
電話 >>> 045-663-6405
備考 >>> ランチ11:00〜14:30、日祝日休み

雑然とした中国の路地裏の店のような店。中国人スタッフの活気がみなぎっている。店内は赤。丸テーブルが数個。カウンター席もある。

ランチメニューは次の通り。
○日替わり(もやしとニラ豚レバ、650円)
○レタスチャーハン(630円)
○ラーメン(630円)
○中華風カツ丼(650円)など

レタスチャーハンをチョイス。スープと漬物がついてきた。チャーハンはまずくはないが、塩分がちょっと足りない。テーブルにあった「醤油」をぶっかけていただく。どうやら、この店は野菜炒め系の方がうまいようだ。

★お食事メンバー★
・不良母さん(春雨と野菜の炒め物)
・handshakeさん(レタスチャーハン)
・キャリアさん(日替わり)

posted by おたまじゃくし at 21:23| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月31日

謎のトルコ料理

評価:★★☆

l040831関内桜通り強化月間は続いている。が、どうしても足が他に向かってしまう。今日もまた横浜スタジアム方面へ。しかし、案外、店がない。いや、あるにはあるが、「これは」と思う店がない。さー、どーする、どーすると歩いていたら、「トルコ料理」の文字が目に飛び込んできた!なぬー?おもろそうやー、っちゅーことで入店決定。

店名 >>> Ali Baba(アリババ)
住所 >>> 横浜市中区相生町1-2 パレ関内ビル1F
電話 >>> 045-651-0388
備考 >>> 丼メニューのテイクアウト可(昼、夜対応)

カウンター席とテーブル席が3つほど。それほど広くなく、店内は暗い。だが、トルコ人のコックさんをはじめ、スタッフが明るいので、それほど気にならず。背伸びした感じは一切なく、家庭的で気楽なムード。唐辛子をモチーフにした飾りが癒し系。キッチンには、牛肉の巨大な塊がっ!ローストビーフのようだ。これが後述の「ドネル」になるという。ピンク色の肉塊が食欲を誘う。

ランチメニューは以下の通り。
○オスマントルコプレート(1365円)
○ドネルランチ(1050円)=牛肉の回転串焼き
○キョフテランチ(892円)=トルコ風ハンバーグ
○鳥のシンケバブーランチ(892円)
ミックスランチ(892円)
○おすすめ日替わりランチ(確か892円)
いずれもサラダ、スープ、ライス、ドリンク付き。

私はミックスランチをチョイス。キョテフとシンケバブーの両方をいただける。

キョテフは、スパイシーハンバーグ。このスパイスの味はコショウのようにスマートじゃない。癖のあるインド系カレーを連想するような感じ。うまく説明できん。スパイシーはスパイシーということだ。ほとんどつなぎを入れてないんじゃないか、と思われるほど、肉のかたまり。まずくはないが、ウマーと感動するほどじゃない。直径5センチほどのこいつが2つ。

シンケバブーは、トマトペースト?で焼いた?鳥肉。キョテフほど癖がなく、日本人にもなじみやすい味。肉がプリップリッしてウマー。「アリババ唐辛子」が食卓にあったので、試しに振りかけてみる。辛くない。うま味だけがあるようだ。これなら大丈夫とさらに大量に振りかけて食す。ウマー。こいつが3切れ。余談だが、この店では、トマトペーストを売っている。容器つき100グラム180円。

写真にある、レタスがサラダというわけじゃない。これはあくまで添え物。これ以外に、フレンチドレッシング系のコールスロー風サラダ(キャベツときゅうり)がつき、ミネストローネスープがつく。このスープがかなりウマーっ!チーズがかなり入っているようで、濃ゆい味にうっとり。やはり、一食に一品、濃ゆい味がないと寂しい。「一食一品濃ゆい味運動」でも推進したいくらいだ。

最後はドリンク。アイスティー、ホットチャイ、アイスコーヒー、ホットコーヒー、グレープフルーツジュースが選択肢をとして与えられる。私はアイスティーをチョイス。ふつーのアイスティーだった。

トルコ料理がいかなるものか…分かったようで分からなかったが、イタリアやフランスなどのヨーロッパ料理よりも、インドやスリランカ系の味に近いような気がする。総じて、まあまあの味なんじゃなかろうか。しかし、私が気に入ったのは、味よりもむしろ、店のコックのおじさんだ。陽気でフレンドリーで愛嬌がある。トルコの街の路地裏の店にでも迷い込んだかのようなムードが、気持ちを豊かにしてくれる。これを味わいに、また店を訪れたいと思うようになるであろう。

最後に、この店は、トルコ文化交流の拠点にもなっているようだ。トルコ語教室、トルコ料理教室などもやっている。それとはちょっと路線が違うが、「占い付きコーヒー」(1000円)という、なんとも怪しいメニューがある。おじちゃんからのメッセージ「これは予約が必要なんで、午前中に電話をちょーだい」とのこと。いずれ時間のある時に挑戦したい。

★お食事メンバー★
・不良母さん(ミックスランチ)
・キャリアさん(同上)
・出張パックさん(ドネルランチ)
posted by おたまじゃくし at 23:40| ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

ポップでレトロな洋食屋

評価:★★★

l040830今日はちょっと関内桜通りから逸れて、横浜スタジアム方面へ向かう。体調があまりよろしくなく食欲もない。しかし、ブログネタを仕入れに昼飯へ。ぶらぶら歩いて、あの有名な「スタア食堂」へ行き着く。私はまだ未体験ゾーン。今日の胃袋には洋食がちと重いかとも思ったが、好奇心が勝り入店。

レトロ〜な洋食屋を意識したインテリア。真っ赤なビニール椅子が、なんともかわいい。ポスター照明もメニュー表もノスタルジーを感じさせる。建物自体は結構古そうだけど、レトロな雰囲気を意識したインテリアはポップで新しい。この渾然一体となった空間が、不思議と心地よい。なかなかグッド。客は意外にもサラリーマンが多かった。

店名 >>> スタア食堂
住所 >>> 横浜市中区常盤町1-4-2
電話 >>> 045-661-0188
備考 >>>
・月〜金:11:30〜24:00、土:17:00〜24:00
・ランチは11:30〜15:00
・日曜定休

ランチメニュー
日替わりランチカジキの和風ステーキ、800円)
・日替わりハンバーグ(850円)
・カニクリームコロッケ(800円)
・メンチカツ(800円)
・BBQステーキ(950円)
・カツカレー(950円)

いつもなら、濃ゆい系の私はここでカニクリームコロッケか、オムハヤシ(値段忘れた)を注文するところだが、今日は日替わりランチを注文。ライス、サラダ、スープがついてきた。ランチを注文すると、100円でドリンクがいただける。アイスティーを追加注文。

カジキは、ほんのり甘めの醤油ソースがかかっていて、胃重の私でも美味しくいただけた。すったタマネギを使っているのかなー。なかなかナイスなソースであった。ガロニのじゃがいもは、ちゃんとバターでソテーされていておいひー。「昔ながらの洋食屋」を標榜しているので、かなり濃ゆい味かと思いきや、結構上品なお味でやした。今度はぜひ、カニクリームをいただきたい。

余談だが、若い男性店員がイケメンだった…(ぼそ)

★お食事メンバー★
・不良母さん(日替わりランチ、アイスコーヒー)
posted by おたまじゃくし at 14:18| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月27日

リーズナブル?な中華定食

評価:★★★

l040827ってことで、昨日から始まった「関内桜通り」強化月間。第2弾は、ド派手な店構えが目立つ「中国小菜居酒屋 紅花(べにばな)」相生町店に突撃。関内勤務となって以来、その強烈な看板や飾り…まぁ、中国っぽいとも言えるのだろうが…赤と緑がギラギラと入り乱れた強烈なインパクトゆえに抵抗があり、なかなか入れずにいた。
(※てゆーか、このブログも赤と緑だったりする…)

さてさて、表の印象とは裏腹に、店内はすっきりとしていて、妙に落ち着く感じ。本格派っぽいムードと場末っぽいムードのハーモニーとでも言おうか。店のおばちゃん達も、どこかフレンドリーで印象よろし。以前にボヤ騒ぎがあった店なので、ちょっとだらしがないのかなーとか、勝手に想像していたのだが、とんでもない。とっても清潔感があった。

○店名 >>> 中国小菜居酒屋 紅花(べにばな)相生町店
○住所 >>> 横浜市中区相生町2-30-3?
○電話 >>> 045-651-4109
○備考 >>> ランチタイム 11:30〜15:00

日替わりランチメニューは4つ。正確な名称はチェックし忘れた。
・A(豚しゃぶ?)840円
B(レバーと野菜の炒めもの)840円
・C(カニとチンゲンサイの炒めもの)840円
・D(味噌ラーメン、玉子チャーハン)740円

いずれもご飯、スープ、漬物、骨付き鶏唐1本、杏仁豆腐orコーヒーがつく。Cとさんざん迷った揚げ句、鉄分不足を解消せむとBをチョイス。注文した後に気付いたのだが、日替わりの他に、定番メニューのセットが多数用意されていた。中でも気になったのは、イカとセロリの炒めセット。あー、こっちがよかった。ま、しかし、鉄分、鉄分、Fe!

レバーと野菜の炒めものは、タマネギとピーマンがしゃきしゃきで食感よろし。レバーもしっかり下味が付いていて、濃ゆいが脂っこくない。上司dondon氏によると「紅花は結構脂っこい」らしいのだが、私にとってはサッパリ系に属する味だった(=濃ゆい派舌)。スープは醤油ベースの汁に、千切りにしたタケノコ、椎茸、鳥肉が入っていた。なかなかの出汁。だが、もう少し塩味がきいている方がうれしい(やっぱり濃ゆい派舌)。杏仁豆腐は、とーっても冷えていて、シュミテクト・ユーザーの私の歯には…しみた。それでも、たっぷりめフ一杯を完食。

す、すごい!と感激するほどウマーなわけじゃないけれど、フツーに美味な店だった。これだけのボリュームで840円は安いと言えるんだろうなー。でも、もう一声欲しかった気もする。

紅花は、横浜中華街にも2店あるそうで、中華街まで足を伸ばすのが面倒な時は大いに利用して、プチ本格派・中華料理を楽しみたい。なお、夕方5時からは、夕食サービスセットがある。酢豚や排骨などの定食が800円前後で用意されているらしい。

★お食事メンバー★
・不良母さん(B)
・handshakeさん(D)
・あゆ姫さん(D)
・キャリアさん(A)
posted by おたまじゃくし at 23:55| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

時代遅れの癒し系洋食

評価:★★★★

今日も仕事の関係で遠出できず。しかし、考えてみれば、近場の店を制覇したわけではないので、「関内桜通り強化月間」と題して、集中的にこの通り沿いの店を食べ歩くこととする。この通りは比較的老舗が多い。とはいえ、関内歴が短い私にとって、どんなに伝統がある店だろうが、郷愁に誘われることはまずない。店構えが古いか、新しいかくらいの違いである。そんな訳で、これといった思い入れもないけれど、老舗群を楽しみたいと思う。

l040826bさて、その一番バッターは、洋食レストラン「ぷらむ」だ。ここは過去に2度ほど訪れた。それこそ店構えは時代遅れで、店頭にある蝋で出来たメニューは埃をかぶっていて、手入れされている様子はない。だからと言って、不潔な印象を与えない。黒板に書かれた定食の案内が温もりを感じさせる。店内に入ると、昔ながらの洋食屋といった趣で、カウンターでは店主と思われる男性とおばあちゃんが料理をせっせと作り、ウエイトレスのおばさんが、控えめで上品なもてなしをしてくれる。カウンター席が4〜5名分、ボックス席の2人がけが1つ、4人がけが3つ、6人がけが2つある。昼時は、男性サラリーマンで満席だ。

○店 >>> レストラン ぷらむ
○住所 >>> 横浜市中区相生町3-60?(関内桜通り)
○電話 >>> 045-651-9330
○備考 >>> OPEN 10:00〜19:00


l040826a本日の日替わり定食は4つ。
・メンチカツ
ビーフクリームコロッケ
・チキンカツ
・ポークカツ
いずれもライス、味噌汁つき(680円。コーヒーをつけると800円)。私はビーフクリームコロッケをチョイスした。この他にもオムライスやピラフ、スパゲッティ、サンドイッチなど洋食なら何でもある。

クリームがほどよい固さをキープ。時間をかけて小麦粉、バター、牛乳を丁寧に混ぜ合わせた味だということが分かる。カニやえびクリームはよく食べるが、牛肉は初。肉汁とクリームが濃厚なこくを生み出しト、ウマーっ。付け合わせは野菜とナポリタン。まさに正しいガロニA王道ガロニである。これに、なぜかナスのてんぷらが一切れ…合わないのだが(笑)、ご愛嬌といったところか。

そして、何よりもナイスなのが、フォーク&ナイフで味噌汁を食すところである。この、なんともチグハグな感じが癒し系。眠たくなるほど落ち着く店で、安全・安心の家庭的料理がここでは外れなく食べられる。好きだなー、こういう店。気取ってなくて、背伸びしてなくて。お疲れモードのサラリーマン達に支持されるのが分かるような気がする。ここは隠れた名店だす。
posted by おたまじゃくし at 23:55| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

激安!石焼ビビンパン

評価:★★★★

l040825今日は仕事の関係で遠出できず、近場で気になっていた韓国料理屋へ初訪問。またまた名店を見つけてしまった!それほど広くはないが、2人掛けのテーブル席が7〜8くらいあり、さらに韓国風簾で仕切られた個室風の席が2つ。これはそれぞれ5人くらい座れそう。韓国風インテリアで飾られ、落ち着きのあるムードがいい。

○店  >>> KOREAN DINING YOKOHAMA ダモア
○住所 >>> 横浜市中区弁天通3-48
○電話 >>> 045-228-1642
○FAX >>> 045-228-1643
○備考 >>> ランチタイム11:30〜15:00

ランチは次の3種類。私はaをチョイス。
a:石焼ビビンパン ワカメスープ(750円)
b:ダモアの冷麺と半ライス(850円)
c:地鶏ミンチのサムゲタン風薬膳がゆ(750円)
※ソフトドリンク各100円

コチジャンベースのゴマ入りだれをたっぷり入れて、混ぜ合わせて食す。ほんのりオコゲが出来て、ウマー!辛いけど、その奥に旨みがあるっ。具の肉の質がよろしいのか、小さいのにジューシー。量もたっぷりで、食べ切れないほどだった。これで750円は安過ぎる!普通、石焼ビビンパなら1000円はするよな〜。すばらしい!夜はマッコリもあるので、ぜひ飲みに行きたい。

★お食事メンバー★
・不良母さん(aランチ)
・handshakeさん(同上)
・キャリアさん(同上)
・あゆ姫さん(bランチ)
posted by おたまじゃくし at 13:52| ☁| Comment(10) | TrackBack(2) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

500円で極上ランチ

評価:★★★★★

l040824今日は久々の登場、名店・洋食ダイニング「<MODISH(モディッシュ)」横浜馬車道店(横浜市中区住吉町5-59ロイネットホテル横浜馬車道1F)へ行った。昨日ハズした分を取り返すためにも、ここはひとつ信頼できる店へ行こうということになった。

実は、この店には「モディッシュ・クラブ」というものがある。これに登録すると、メルマガ配信などのサービスをうけられるほか、ななんと!1000円分のお食事券をもらえる! こんなお得なサービスを逃すはずもなく、当然入手済みの我々は、これを使って贅沢ランチをいただくことにした。

通常ならチョット手が出ない洋食コース(1500円)を注文。チケットがあるおかげで、この贅沢ランチをたった500円でいただけるのだ!うれちぃー!で、コース内容は次の通り。
▼前菜(手作り豆腐)
▼手作りズワイ蟹のクリームコロッケ)
▼メイン。次の3つからセレクト
 ▽石焼ライス(今週は石焼ドライカレー)
 ▽パスタ(海老と水菜のクリームパスタ
 ▽冷製ランチ(しゃぶしゃぶご膳)
▼デザート。次の3つからセレクト
 ▽苺のショートケーキ
 ▽ブラマンジェ
 ▽ガトーショコラ
▼フリードリンク

私は、パスタとガトーショコラをチョイス。海老と水菜のパスタは、ガーリックの香りと味が効いていて、めちゃウマー!この店でいろんなパスタを食してきたが、これまでで一番好みの味だった。ま、ニンニク星人だから、そうなるわけだが。

驚きはコロッケとデザート。コロッケはサクサクの衣の中に、蟹のミがぎっしりの濃厚クリームが詰まっていて、タルタルソースと一緒にいただくと、ほっぺが落ちる。また、デザートのガトーショコラは、濃厚なベルギーチョコレートが濃縮されたような大人の味で、カスタードソースとよく合っていた。へたすりゃ、デザートと飲み物だけで1500円とられてもおかしくないような質である。外れのない店ではあると認めていたものの、初体験のスイーツに改めて感激。モディッシュにはキング・オブ・関内の称号を与えたい。

これほどの内容をたった500円で食べてしまった。後ろめたささえ感じるほどの極上ランチ。次は全額負担してでも食べたいと思わせるほどの内容だった。初の★5つ!
posted by おたまじゃくし at 17:59| ☁| Comment(10) | TrackBack(2) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

番外:代官山ランチ

評価:★

l040823今日は仕事で代官山へ進出。降り立ったのは初。駅の改札口を出てすぐにオシャレなカフェ。んー、さすがは代官山。TVで見たような町並み。ああ、そういえば、この街をゆく人たちのファッションチェックをおすぎがしていたっけ(ん、ピーコじゃないよな?)。現代的感覚で見ればオシャレな人々なのかもしれないが、私の趣味じゃない…店も人も。あの街の雰囲気がオシャレに見せるだけで、例えば売っている鞄や靴を田舎に持ち込んでしまえば、恐らくオシャレとは程遠い存在になるに違いない。そんな印象の街だった。

で、昼時だったため、そこでランチをする店を探したが、どれも似たようなムードの店ばかり。つまり、みーんなオープンカフェスタイルなのだ。オシャレだが個性がない。デザイン性に富んだ店構えなのに、なぜか没個性なのだ。結局どこも同じだろうということで、代官山アドレス・アドレスプロムナード2Fのカフェ「シェ・リュイ」(東京都渋谷区代官山町17)へ入った。

ランチの「Humburg Steak/ベーコン&チーズのデミグラスソースハンバーグ」(ライスorパン、サラダ、ドリンク付き、945円)を注文。白のドデカイ長方形プレートに、ドリンク以外のものが全て入ったワンプレート型式。サラダとは名ばかりの、ちぎったレタスが入っていた。ハンバーグは、その昔、不二家レストランで食したハンバーグと同じ味(小市民らしいコメント)。ご飯の質はあまりよろしくなかった。まずくはないが…絶賛するほどの内容ではない。

この店、ケーキが有名らしいですな。しかし、カフェの方は別段すごい訳ではなさそう。レトロと言えば聞こえはいいが、ソファーに穴が空いているほど古いし、辛うじてオシャレな雰囲気を醸し出すことに成功しているものの、これで945円なら、関内の方がよほどマシなものを食すことができる。やっぱり雰囲気だけの街なのかもしれない。
posted by おたまじゃくし at 23:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月20日

上質牛タンと麦とろろ飯

評価:★★★

l040820新しい店を探しに、うだるような暑さの中、ランチ散策開始。ようやく発見したのが「間の間(ときのま)」(横浜市中区常磐町5-62馬車道常盤ビル3F)。仙台牛たんを使った創作料理の店だ。ビルの入り口は、なんだか入りにくい雰囲気だが、おんぼろエレベーターに乗って3階へ上がり店内に入ると、ソファーの白が目に飛び込んできて、明るく開放感のある空間が待っていた。

ランチは4種類あり、私は「牛タンの炙り焼きプレート」(1260円)を注文した。肉の味付けは、塩、味噌、塩&味噌の3種類からセレクトでき、私はミックスにしてみた。これに麦飯、とろろ(玉子つき)、煮物(切干大根の煮物)、漬物(白菜の浅漬け)、テールスープ、杏仁豆腐がつく。

塩は、イスラエルのデッドシー(死海)の塩と沖縄の自然塩をブレンドしたオリジナル塩らしい。本当かどうかはわからないが、塩味うまー。味噌味も、ちょっと焦げた味が口に広がるものの、ほんのり甘くてうまー。何よりも、肉がうまー。肉厚で、ジューシーで、柔らかく、結構大きい。8枚だか10枚だかあったから、量的にも十分。麦飯にとろろをドバ〜ッとぶっかけて食らったが、これまたうまー。スープもくどくなく、煮物も美味だった。杏仁豆腐の食感もよろしゅうござった。

高かったけど、質は良かったし、店のおにいさんイケメンだったし、とりあえず満点。ただ、1200円だからねー、これにアイスコーヒーくらい付けてもいいのではないか?最近、ちょっとリッチにいきすぎだなー、小市民のくせに。

★お食事メンバー★
・あゆ姫さん(牛タンシチュー)
・handshakeさん(牛タンの炙り焼きプレート)
・キャリアさん(同上)
posted by おたまじゃくし at 14:55| ☀| Comment(8) | TrackBack(4) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月19日

ハイパー・ファーストフード

評価:★★★

l040819パンが食いたい。ということで、本日は、開通間もない、みなとみらい線日本大通駅にある「ap Style」(横浜市中区日本大通9番地先F1)へ行った。コンビニの「am/pm」が展開しているカフェだ。店内はオレンジと茶色で統一されオシャレモード。若い女性や若いサラリーマンが多く訪れていた。

サンドイッチやドッグなどメニューが豊富で、優柔不断の私はなかなか注文する品が決まらず、んー、あー、うーとか言いながら店内をうろうろ。結局、「カンパーニュ・ハムサンド」(360円、写真左)、「エビカツサンド」(399円、写真右)、季節限定フレッシュジュースの「ゴールデンキウィ」(380円)に決定した。サラダやスープもあったが、かなりの空腹だったため、パン2つのセレクトとした。

「カンパーニュ・ハムサンド」は、薄いハムが何層もはさまれているほか、チェダーチーズ、パルメザンチーズ、レタスも入っていて、かなりのボリューム感。パンは…説明したいが、パンフェチじゃないので、種類をこれだとは言えない…。多分、こちらのサイトの中にある、ドイツのヴァイツェンブロートみたいなパンをスライスしたんじゃないかと思う。ま、材料の分析はいいや。とにかく旨い。ただ、それだけ。

「エビカツサンド」も、カツのエビがプリプリしていて、ウマー。オレンジ色のタルタルソースもたっぷり入ってイイ感じ。

「ゴールデンキウィ」は、絞りたてって感じで、繊維も種もそのまま入ってるし、甘酸っぱくてウマー。いいね、これ、ヘルシーな感じで。見た目も黄色が素敵やし。ちなみに、季節限定は「スイカ」「ピーチ」「メロン」があり、メロンは売り切れ。私的には、スイカが相当気になったが、2杯飲むわけにもいくまいと断念。

合計1139円で、ちょーっと高いけどねー。でも、質が良かったから、納得。でも、小さいパンを1つだけでランチを済ませている女性が多いようで、値段よりもそっちの方に驚いた私であった…。

★お食事メンバー★
・不良母さん
・キャリアさん
posted by おたまじゃくし at 18:52| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月18日

ブエノ!スペイン料理2

評価:★★★

l040818嵐が過ぎ、今日は晴天なり。久々に日差しが痛い。だからあまり遠くへは行きたくない。近場にあるスペイン料理の「Bar Espanol(バール・エスパニョール)」(横浜市中区相生町2-43-2)へ行った。8月13日に登場した店の系列店。今日の店の方は、もっと気軽にスペイン料理を食らおう、というコンセプトの店らしい。店も狭く、テーブル席が3つ、あとはカウンター。だから、昼時は大変混み合う。

ランチは3種類。今日はBランチの「ピーマンの肉詰めマデラソースとスズキのオーブン焼きバジル風味」(940円)をチョイス。メインディッシュのほかに、スープ、サラダ、ライスorパンがつく。さらに、12時前か12時半過ぎに来店した場合にのみ、アイスコーヒーのサービスがある。当然、このサービスを事前に知っていた私は、12時半を待って来店した。⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃

注目のスープは、オニオンスープ。ウ、ウマーっ(*^▽^*)。とろけたバケットが美味。味もしっかり目で、思わず「お替りーっ」と言いたくなるほどだった。昨日に続いて、本日のスープはビンゴであった…。

メインは、肉と魚が一度にいただける贅沢プレート。肉は、さっぱり系デミグラスソース的テイストで、肉詰めに乗っかった長ネギスライスが妙に合う。肉詰めにデミは合うんだなー。家だと反射的にケチャップしかかけてなかったし。ま、ハンバーグみたいなものなんだから、当たり前か…(-_-;)

魚はナスと一緒にソテーされており、ジェノバソースがまたまたウマーっ(*^▽^*)。秋ナスか、君は!と聞きたくなるほど、ナスがデリシャス。ま、普通のナスでも油でソテーすると、うまいけど。

あー、満足。満足。
店を後にしようとして、再度、店頭にあったメニューを見たら、Cランチの「特製ハンバーグ」(840円)は売り切れになっていた。ほぼ毎日、このハンバーグは売り切れている。俵型のハンバーグ。美味です…食べたい人はお早めに。

★お食事メンバー★
・不良母さん(Bランチ)
・handshakeさん(同上)
・キャリアさん(同上)
posted by おたまじゃくし at 15:16| ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

冷製コンソメスープに舌鼓

評価:★☆

l040817今日は仕事が忙しくて、のん気にランチ散策が出来ず、
・会社から近い
・料理がすぐ出てくる
・満腹になればいい
という3条件だけ掲げ、「Rosso Peperoni」(横浜市中区太田町2-23)へ行った。近いけど初訪問。名前からしてイタリアンか。店内は家庭的なレストランという感じ(洗練されていない、とも言う…笑)。ランチはABCの3種類あり、Aランチ(700円)を注文。本来なら「昔ながらのナポリタン」らしかったが、売り切れにより、ペペロンチーノに変更されてしまう。

味は全く期待していなかったのだが、案外、イケていた。
私が気に入ったのは、スープ。昨日、「具だくさんスープ」で痛い目をみていたため、口に運ぶまで信用していなかったが、本日のスープは、まっとうな冷製チキンコンソメであった。チキンとキャベツ入り。これが実に美味。コンソメの味がかなりしっかりしていたので、ゴクゴクいける味だった。

しかし、残念だったは、ペペロンチーノの塩味が薄めだったため、ちょっと物足りなさを感じた。唐辛子の味しか感じられず、パルメザンチーズを大量にかけてしのいだ(使用後、缶は空っぽ♪)。でも、ベーコンだの、パプリカだの、具がたくさん入っていたので、それほど不満なし。多分、ナポリタンの具の余りだろうが(笑)。こうなると、「昔ながらのナポリタン」を食べたかったなー。響きだけでも旨そうだ。

これにアイスコーヒーつきで、700円はかなりお安い。関内エリアの相場からすれば、コストパフォーマンスに優れている店の一つであろう。オーナーと思われるマダムが、とっても色っぽくて素敵だった。ウエイトレスは皆、おばちゃんだったが、気さくな感じで、スタッフの応対もよろしい。ペペロンチーノの味がもう少しはっきりしていれば、★2つあげたいところだが、今日のところは★1・5にしておこう。

★お食事メンバー★
・不良母さん(Bランチ=和風ハンバーグ定食)

【余談】今、我が家の周囲は、まるで「雷平原」(FFXにありましたね)のようである。明日、ちゃんと会社へ行けるのだろうか…(不安)
お!近くで雷が落ちたくさいぞ。雨もすごい。地響きもすごい。家が壊れそうだ!(>_<)
posted by おたまじゃくし at 22:57| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 関内ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。